top of page

家族信託・事実証明

超高齢化社会というワードをお聞きになられた方は多いと思います。親は元気だけどこのままで大丈夫かな?と思われている方、一度ご相談してみませんか?

情報が溢れ、時間の流れが早くなってきている社会では、これで良かったのかな?などの心配事も多いと思います。争いになって弁護士に依頼となると大変です。

予防対策として書類を作成して、トラブル回避を考えてみませんか?

家族信託と聞くと「どういうこと?」という方も多いと思います。親御様の大切な財産をどうするのか?老後をどうするのか?

色々な方法の一つの手段になります。意思能力がしっかりしているときに将来に備えるやり方です。

遺言で大丈夫な場合もありますが、足りない場合もあります。法定後見、任意後見制度との違いや相続との違いもあります。

街の法律家として選択できる方法のご相談を一緒に考えます。

トラブルになりそうな事は多少なりあると思います。「これをやる約束なのに」「これはない事にしたくない」「解除したい」など色々な気持ちを相手にきちんと伝え、争いの防止をすることも大事だと考えます。
覚書や協議書などの権利事実証明書類を作成して事実内容を相手に確認してもらうことでトラブルを予防することができます。


贈与契約書は、遺贈もありますが相続以外にも必要になる事があります。
例えば、「調整区域に建築をする為に自宅を親族に譲渡する」などです。他にも様々な契約書があります。
まずは、こんな内容だけどどうしたら良いのか?の疑問にお答えいたしますので、お気軽にご相談ください。

書類作成.jpg

【料金】

■家族信託原案作成   ¥30.000~

 公正証書費用は別途

■覚書等準契約書作成・協議書作成等の事実権利証明書作成 ¥20.000~ 

 内容に応じて

■贈与契約書作成   ¥30.000~

 書類取得費用は別途

  

各種事実証明に関する書類の作成は内容に応じて費用が変わりますので都度見積りを提出いたします。

相談費用は1回1時間まで無料です。

お気軽にご相談ください。

bottom of page